(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

2014年05月08日

病院でとってみる

皮膚科に行ったら初診料抜いて治療桧だけで700円くらいでした。
でもまあ1回じゃすまなくて3回〜10回というらしい。

「ピーリングとか塗り薬って効くんでしょうか」
「いやあ効かないねえ」
「ハトムギはどうでしょう?」
「ウイルス性のイボには確かに効き目はあるけど加齢性のイボには効かないねえ」

先生はおしゃべりしながらマグカップみたいなのに液体窒素をトポトポいれて、それを綿棒につけて私の首のぶつぶつにちょいちょいちょい。

正味5分くらいでしたよ。

「またきてね。でも来週は病院がおやすみだから再来週ね」

そんなに間隔あけて大丈夫なのか?!

今のところ首のぶつぶつは黒くなってきててこのままシミになるのが怖いんだけど、ネットで見ると黒くなっているのは効いている証拠だそうです。

あまりいじらずおとなしく再来週の治療を待ちます。

posted by たまたん at 03:00| Comment(0) | イボをとる

2014年05月07日

首のイボは大手では対策してない

首のイボですが、ケアや対策を調べて見ると、大手医療品会社や化粧品会社ではまったく対処していない。
聞いたことのないあやしげなニッチ会社しか出てこないじゃないですか。

いくら顔をきれいにしたって、首がぶつぶつじゃすてきな女性にはなれないのよ、そこわかってんの資生堂、カネボウの大手化粧品のみなさま!

で、そのうさんくさい対処法ってのが、クリーム塗ったりパッチ貼ったり美容液塗ったりピーリングしたり薬飲んだり。

外科的なところでは美容外科でレーザー治療とかね。
でもレーザー治療って高いじゃん、1つ300円とか3ミリ1000円とか冗談じゃないよ。

結局皮膚科へいけって話で。

そんなわけで皮膚科へ行ってみましたよ。

posted by たまたん at 03:00| Comment(0) | イボをとる

2014年05月06日

首のイボをなんとかしたい

みなさん、首のケアはしていますか? 

どんなに顔をきれいにしても首がしわしわだったりがさがさだったりすると魅力は半減です。
以前TVで輝いている40代の女社長を見ましたが、顔は若いんですけど首にわっかがたくさんあって「ああ、やっぱ苦労してるんだなあ」と思いました。

ワタクシおかげさまで首はすべすべわっかのひとつもないんですが、ここ最近首から胸にかけて得体のしれないツブツブができてきてしまって。

ツブツブブツブツ。

どうでもいいけどぶつぶつオレンジって言ったら怖いよね。

さてこのつぶつぶ。イボらしいんですがネットで調べるといろんな言い方があって、
「アクロコルド」「スキン・タッグ」「水イボ」……

要は加齢とともにできる角質のなんたらで、体質によってできる人とできない人がいて、またできる年齢も20代からとか40代からとかさまざまなものらしいです。

良質なもので病気とかは気にすることないんですが、見た目に気になりますよね!!

このブログでは首のイボの対策について書いていこうと思います。


posted by たまたん at 03:35| Comment(0) | イボをとる